目元美容液選びは慎重に!

目元は人の印象を最も表す場所です。「目は口ほどに物を言う。」目元ケアをおごそかにしてしまうと、本来のあなたの評価から一段も二段も低い評価をされてしまうこともあります。目元ケア化粧品は化粧品の中でも最も気をつけて選んで欲しいからこそ、女性のいつまでも美しくありたいと願う夢をかなえて欲しいからこそ、エステのような高額なケアでなくても本気のケアができる目元美容液を選びました。

 

 

目元美容液の選び方

肌質や抱えているトラブルによって目元ケアの方法は変わります。症状に合ったケアを行わなかったら最悪の場合、新たな肌トラブルを抱えてしまうこともあります。自分に合った目元美容液をしっかりと吟味して化粧品を選ぶようにしましょう。

たるみ・しわ・乾燥から来るトラブルのケア

目元がたるむ。しわができてしまった。乾燥して目もとのハリがない。まぶたが垂れてきた。そんなトラブルを抱えている方は目元の肌の水分が不足している可能性が高くあります。
目の周りの皮膚は0.5mm〜0.6mmととても薄くあります。そんな目元はその他の皮膚と比べて「角質層」や「真皮」も薄いのです。また、皮脂腺がとても少なく皮脂の分泌も他の部位と比べると少ないのです。これらの点から、目元の皮膚は肌のバリア機能が他よりも弱くなってしまうということがあるのです。

 

皮膚の薄い目元は少しの油断から来る刺激にとても敏感に反応してしまいます。これらの刺激からダメージを受けてしまうと、表皮がガタガタになって皮膚の保湿力が低下。肌のバリア機能を担うセラミド成分の水分を蒸発させてしまう為、乾燥・しわ・たるみの原因となってしまうのです。*目元は細胞をつなぐ機能(セラミド成分)が弱くなると脂肪が垂れ下がり、しわやたるみになりやすいのです。
また、そんな状態の目元はその他の刺激(紫外線など)の影響も受けやすくなっています。刺激を受けやすい状態が続くとシミやくすみまで併発してしまう恐れがあるので、一刻も早いケアが必要になります。

 

たるみ・しわ・乾燥のケアに最適なのは保湿ケアです。ですが保湿なら何でも良いというわけではありません。低刺激で保湿機能が長時間続く保湿化粧品を使うことが大切になります。ダメージを負った肌を刺激を与えずにやさしく包み込むことができる保湿ケアが理想です。長時間持続する保湿クリームなどは、肌のハリ感が長く続くのでお勧めです。
*目元美容液の美容成分は他の化粧品と比べても美容成分が濃い場合が多いです。加齢と共に出てくるほうれい線ケアやシワを無くすケアにも向いています。

 

シミ・くすみのケア

シミやくすみのせいで顔全体の印象が暗くなってしまっているかた。そんな症状に困っている方は肌のターンオーバー(肌再生機能)周期が乱れていたり、弱っている可能性があります。
肌は新しい細胞を肌の奥で作り、古い角質を体外に除去することで美しさを保っています。シミやくすみの原因は肌の中にメラニン色素沈着のある細胞が残っているからです。肌を守るケアをしておかないと、目元の肌はダメージを負ってうまくターンオーバーが行われない場合があります。*特に紫外線対策には気をつけなければなりません。

 

シミやくすみに最適なケアは肌の細胞を元気にする美容成分を含んだ保湿クリームを使うことです。保湿は肌を刺激から守る為に必要なケアですし、美容成分は弱った細胞の活動を活発にすることができます。保湿のみだと色素沈着を起こした細胞の排出に時間がかかってしまうので、美容成分を肌に与えて上げれるような目元ケアが必要になります。
また、美白ケアも有効な手段です。ですが、美白成分には刺激の強いものが多いので、肌に合わない場合もあります。美白は肌に漂白剤を塗るわけではありません。美容成分と保湿でしっかりとケアをしつつ紫外線対策を行うだけでも十分な美白効果が得られます。自分に合った化粧品を使って、透明感のある肌にしていきましょう。

 

くまのケア

くまには3種類のタイプがあります。
涙袋のあたりの色合いなどで判別しますが、「青くま」と「茶くま」と「黒くま」です。一口にくまといっても同じケアをしていては全ての症状は改善されません。

青くまのケア方法

青くまの原因は血流が悪くなることによって起きる血行不良です。このクマを改善させるには目元の血流を良くしてあげる必要があります。
血行不良を良くするにはマッサージが効果的です。ですが、マッサージによる刺激から別のトラブルを引きこす可能性があるので要注意です。マッサージの方法には様々ありますが、マッサージ法はまた別のページで紹介していきます。

 

マッサージを行うときに気をつけて欲しいことは目元の皮膚の負担を軽くすること。乾燥した状態でマッサージを行ってしまうと敏感な皮膚にダメージが蓄積してしまいます。マッサージはお風呂や、目元ケアを行う際の美容液やクリームを塗る時に行うのがベストです。

 

茶くまのケア

茶くまは目元の皮膚がメラニン色素沈着を起こしてくすんだようになることでできます。このくまにマッサージだけのケアをしていてもなかなか良くなりません。

 

茶くまのケアは「シミ・くすみ」ケアの方法と同じです。新たなメラニン色素の生成を抑えて色素沈着を起こしている細胞を外に追いやることが必要になります。肌の活性化を助ける美容成分を含んだ目元美容液を使ったケアと紫外線対策をメインとした美白ケアが重要になります。

黒くまのケア

黒くまは目元の皮膚がたるみ、影ができることで発生します。なので、黒くまを改善させる為には肌のハリを取り戻すケアが有効です。

 

肌のたるみは肌内の水分不足が原因になっていることがほとんどです。通常の保湿クリームでは効き目が持続しないので影が復活するのが早いです。保湿効果が持続する保湿クリームを使って肌のハリを取り戻すケアを行う事をおすすめします。

 

お試しできる口コミで人気の目元美容液

目元のケア商品には様々種類があります。そんな様々な形や成分の効き目、肌なじみの良い人気目元美容液だけ集めて紹介しています。

ディセンシア アヤナスASクリーム

目元美容液の口コミ瓦版【目元のハリが気になる方はチェック(*´∀`*)】

乾燥肌や敏感肌を専門としているディセンシアが独自の新理論で開発した敏感肌のエイジングケアアイテムがこのシリーズです。
敏感肌は一般的な肌よりも老化が早いという最大の弱点がありますが、
ほうれい線や小じわといった嫌な現象を肌から無くしてくれるのがこのアイテム。
ストレスで肌が揺らぐ人や、日によっていつもの化粧品がしみたりする赤味肌の人、乾燥で荒れやすい肌などを徹底的に高い保湿力と保水力でカバー
発売直後から美容専門誌やファッション業界で話題騒然の実力です。

価格:1680円送料無料

メディプラスゲル

メディプラスゲル

シミ・しわ・たるみといった老け顔の原因をシャットアウトすることに的を絞ったオールインワンタイプの美容液ゲルです。
製薬会社と共同開発していますので、有効成分をしっかり肌の内部に浸透させるこだわりの品質は保証付き。の非常にコストパフォーマンスの高いこの製品にです。
出雲玉造温泉水と62種類もの美容成分を惜しみなく使って整肌成分たっぷりに仕上がっています。
鉱物油などの添加物を一切使用していない年齢肌トラブルの改善効果にも期待の持てるアイテムです。*5万人の方が愛用しています。

30日間返金保障

オラクル化粧品 目元美容液アイフォーミュラ

オラクル化粧品

約6ヶ月間で本当に美しい肌を作り上げる環境づくりを行うのがオラクルのスキンケアシリーズです。生体に働きかけ、体の内側から肌を作り上げることで季節や環境では揺るがない本当の美肌を作り上げるのがオラクルの提唱する「ダイナミックケア」です。配合されている植物エキスは、もともとは植物が人に与えてくれるパワーを研究開発していく中で生まれたもの。他のメーカーではなかなか真似の出来ない独自性と機能性を兼ね備えた、プロ絶賛の実力派化粧品です。

価格:1800円送料無料

ビーグレン トータルリペアアイセラム

リペアアイアセラム

大人の目元のゆるみ、たるみ、乾燥により小じわなど、さまざまな悩みに応える目元専用美容液がこのコスメです。ビーグレンの浸透技術は国際特許を有するほど高い技術力を誇ります。目元の薄い皮膚には美容成分をしっかり浸透させるのは難しいのですが、ビーグレンの技術力ならそれも可能でしょう。スローリリース機能を活用するし、長時間目元での効果を持続してくれるのも魅力1の商品です。

365日間返金保障

エリクシールシュペリエル レチノバイタル

レチノバイタル

積み重ねた年齢が真っ先に現れやすい頬、目元、口元を集中的にケアする高機能エイジング・スキンケアがこのシリーズ。エッセンス・クリーム・アイマスクの3つのかたちで気になるゾーンごとに徹底的なケアが出来ます。有効成分はレチノールで、高い作用が認められながらも安定配合が難しいとされたビタミンAの一種。資生堂は独自の開発力と高い技術力で、レチノールを主配合することに成功し、医薬部外品としての承認を得ています。スーパーヒアルロン酸やコラーゲン&エラスチンエキスも配合。

価格:3780円送料無料

【やっぱりおすすめはこれ!】目元美容液は「アヤナスASクリーム」

ここがすごい!アヤナスの目元美容液

 

長時間保湿が持続する目元ケア化粧品って?

目元ケア化粧品に期待する主な効果は保湿です。肌の水分量が正常ならば肌のターンオーバーの周期(28日)も正常になります。肌再生機能が正常に働けばハリのある元気な目元を取り戻すことができるからです。では、長時間保湿がしっかりとできる化粧品はどのように選べばよいのでしょうか?

 

長時間の保湿にはセラミドが良い!

保湿成分の中で世の中で知れ渡っているのはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといったムコ多糖体の成分です。そんな中でもしっかりと保湿機能を高めてくれるのがセラミドです。
コラーゲンやヒアルロン酸Naは肌の第2階層にある真皮の主成分となるものです。これらの成分の分子の大きさはとても大きく、肌に浸透していきません。
現在スキンケア化粧品に含まれる保湿成分の主流は角質層に存在するセラミドです。セラミドの中でも肌に浸透するくらい分子を小さくしたナノセラミドです。

 

セラミドには多数種類があり、保湿機能の持続時間に差が出てきます。セラミドの中で最も注目度の高いのは「ヒト型セラミド」です。最長24時間保湿持続可能なセラミドは、数多の保湿成分の中でも群を抜いて保湿持続時間が長いのです。

 

セラミドがおすすめな理由は保湿機能だけじゃない

セラミドがおすすめな理由は保湿機能だけではありません。
人の皮膚にはバリア機能という外部刺激から肌を守る働きがあります。このバリア機能の中枢を担うのが、表皮の細胞間の隙間を埋めるセラミドです。人はもともと体内にセラミドを持っているのです。

 

身体にすでにある成分に対して人の身体は多大な刺激を受けることはありません。セラミドは「肌に受け入れられやすい保湿成分」なのです。

 

刺激が少ない。だから目元ケアにおすすめ

このサイトでは何度も目元の皮膚は薄く、刺激に弱いことをお伝えしてきました。
刺激に敏感な目元は化粧品が肌に合わないとすぐに肌トラブルを起こしてしまいます。ですが、セラミドなら刺激を最小限に抑えることができるのです。また、肌の部分によって肌質の異なる混合肌などの複雑な肌状況の方でも安心して使用することができます。肌の機能が正常に戻ると、肌トラブル改善につながるので、ニキビケアにもつながります。

 

刺激を受けることが少なく、保湿効果抜群のセラミドは目元ケアに最も向いている保湿成分だといえます。
*セラミドは水溶性ではないため、水に溶けにくい性質を持っています。なので、化粧水に入っていることは極まれです。(配合量は期待できません。)セラミド配合化粧品は乳液や美容液、保湿クリームを選びましょう。

毎日アイメイクをしていると危ないかも!!

仕事柄毎日アイメイクをしている方は要注意です。肌の皮膚はダメージに強くできていないため、受けたダメージがトラブルに直結することも少なくありません。

 

糊やアイテープをはがす必要のあるアイプチなどの化粧品は、ときにまぶたには大きな負荷がかかります。*メザイクは肌トラブルが起きている例も多数あるので要注意です。
アイメイクを洗い流すことも肌には大きなストレスになってしまいます。マスカラやアイシャドーを必要以上に多く使っている方は要注意です。

 

本来ならダメージをうけた肌に対しては肌休日を作る必要があります。ですが、毎日メイクをしなければならない方はそんなことをいっても無理ですよね。もちろんコンプレックスをカバーする為にメイクをしている方(二重瞼にする為など)に化粧をするなとはいえません。
目元にダメージを与え続けているという自覚を持つことが大切です。
アイクリームなどの効果が規定できる化粧品を選んでアイケアを行い、目元の健康を維持していきましょう。

 

目元ケア美容液やアイクリームを使うときの順番

ラインで化粧を行っていると、どれをいつ使っていいのかわからないときがありますよね。目元ケアをするときの基礎化粧品を使う順番は、通常のケアと変わりありません。
化粧水に始まり、保湿クリームで終わる。基本はこれですが、アイクリームと保湿クリームはどっちを先に塗ればいいの?と疑問に思う方も多いと思います。

 

答えは単純です。
油分を多く含んでいるものを後に使う。

 

たったこれだけで効果的に目元ケアを行うことができます。
原理もいたってシンプルで、「先に油分の多いものを使ってしまうと水分を吸収できなくなる」というものです。
油の膜があると水は染み込まなくなりますよね。化粧品に関してもこの原理は当てはまるのです。

 

効果的な使い方で目元ケアを抜かりなく行っていきましょう。