MENU

目元の洗顔は要注意!目元トラブルの原因は洗顔にあった!

女性はメイクをしている、したことがある方がほとんどだと思います。その際、顔全体のメイクを一気に落としてはいませんか?これ実はやってはいけないことの1つなんです。
特に目元は顔の中で最も皮膚が薄い部分です。ですがメイクに関しては目元が1番念入りにしますよね。つまりメイクを落とすときは1番手間がかかる部分です。最近は目元メイクに関してウォータープルーフのものが多く落としにくいです。

 

顔全体のメイクを同じように洗ったり目元にも同じような力で落とすのはとっても危険なことなのです。ではどのように洗えばいいのでしょうか?ここではクレンジングや洗顔の正しい方法を紹介していきたいと思います。

 

ちょっとした違いで目元の状態は大きく変わる!

夜にクレンジングや洗顔をしっかりし、化粧水で顔を保湿しているのにも関わらず朝起きると乾燥していたり目元がつっぱった感じがすることはありませんか?
それは最初に行うクレンジングに原因があります。
冒頭でも言ったように顔全体のメイクを一気に落とすのはやってはいけません。時間短縮にはなるのですが目元以外の他の部分と同じ力をかけて落としてしまうと目元には大きなダメージを与えてしまいます。(じゃあ、クレンジングの際に目元だけ力をかけずに落とせばいいのでは?)と思いがちですがそれも危険な考えです。

 

一般的にクレンジングの成分は皮膚の弱い目元には強く刺激を与えてしまうのです。また、ここで1番理解していただきたいのがクレンジングの際、アイメイクを落としてから他の部分のメイクを落としてほしいということです。化粧品材料の中でも顔に塗るファンデーションと目元に塗るアイシャドウでは色素が変わるために一気に落としてしまうと目元に対して色素が沈着してしまい目元のくすみが進んでしまうと言われています。
アイシャドウに関しても汗や水に強いなどの商品が増え、非常に落ちにくいものです。なのでゴシゴシと力をかけて落としがちです。目元のメイクを落とす際は細心の注意を払う必要があります。

 

どんなものを使えばいいの?

目元のクレンジングを行う際には『目元専用リムーバー』等を使って落とすといいでしょう。濃いアイメイクにもこれを使えば力をかけずにつるんと落とすことが可能です。これを使う際にも1つ注意があってコットンにしめらせてやる方の場合たっぷりとつけないと目元の皮膚とコットンの間に摩擦が生じるため傷つけてしまうことがあります。
そして目元のメイクを落とす場合洗い残しが多い場所として目尻が挙げられます。微妙にまぶたが重なるためそこにメイクを落としている間に入り込み落としているつもりでも落ちきれてないことがあるのです。

 

他にも私がオススメしたいのはあまり馴染みがないかもしれませんが「洗顔バーム」です。
これはもともと固形物で石鹸のような感じなのですが使いたい分だけ削り手のぬくもりで簡単に溶けていきバターのようなしっとりとしたものに変わります。このバームをのせるだけでメイクがスルスル溶け落ちていくため擦る動作が必要ありません。すごく肌に優しいですよね。時間をかけて顔をこするのはよくないと言われていますから楽に短くクレンジングができます。

 

 

最近の洗顔料で「無添加」を推しているものが多く見られます。それはなぜかというと洗顔料の中で成分のなかに「合成界面活性剤」が含まれているものがあるのですがこの成分は実は洗濯洗剤や食器用洗剤にも含まれている汚れを落とすもので肌に使ってしまうと成分が強すぎてダメージを与えてしまいます。
この成分は水と油を混ぜ合わせるために作られた物質のため、皮脂や汚れを落とすだけでなく肌に大切な保湿成分までも落としてしまいます。ですから乾燥しやすくなったりしやすくなってしまうのです。洗顔料を購入するときは成分も確認する方がよいかもしれませんね。

 

〜まとめ〜

・お顔の中でも目元と他の部位を分けてメイク落としをしましょう
・洗顔料には洗剤にもふくまれている「合成界面活性剤」が成分に入っているものもあるのでよく確認しなるべく「無添加」のものを選ぶようにする

 

成分などなかなか確認しませんよね。パッケージに心惹かれることが書いてあったりするとその商品がよく感じてしまい購入すると思います。ですがその結果肌トラブルを引き起こす可能性もあります。
今回何度も言った「目元の皮膚の薄さ」はとても大事なことで、皮膚が薄いことでクレンジングや洗顔の方法、ケアの仕方で1番に症状が出やすいところでもあります。今後目元には特に気を付けながら手入れをしていくことが大切かもしれません。