MENU

目元を刺激から守るには?紫外線対策とマッサージ方法

「紫外線はお肌の大敵!」という広告等はよく夏場になると見かけますよね。ですがこの紫外線は春夏秋冬関係することはご存知ですか?最近では紫外線対策用グッズもドラッグストアやコンビニでも見かけることがあります。実はそれだけを使えば対策が完璧とも言えないのです。ここでは知ってもらいたい紫外線対策やマッサージ方法を紹介したいと思います。

 

紫外線ってどんなもの?

『紫外線』といっても広告やテレビ等で話題にはなるものの“悪いもの”というのは理解していても実際肌にはどのような影響をもたらすのかというのは知られていないと思います。そもそも紫外線とは太陽光の一種で、地球に届く波長の長さによって3種類に分けられています。

・UVC→オゾン層などで吸収され地表には届かない
・UVB→オゾン層などで吸収されるが一部届く
・UVA→物質を透過しやすく雲などの影響を受けにくい

これにより私たちの体に影響を与えるのはUVBとUVAだということがわかっていただいたと思います。この二つがどのように影響するかというと

・UVA→太陽から届く紫外線の90%を占めていて肌に急激な影響を与える作用は弱いのですが蓄積されダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで届いてハリや弾力を失くします。そしてすでにできているメラニン色素に反応し肌を黒くさせる作用があります。
・UVB→紫外線の量は少ないのですが肌への作用が強いので短時間でも肌が赤くなったり数日後に肌が黒くなったりということが見られます。波長が短い為、炎症やシミの原因だけでなく肌表面の細胞を傷つけるなど生体への影響が強い。

これらを総称して“UV”といって皆さんも一度は耳にしたことがある「UVカット」に繋がるわけですね。以上が紫外線のことについてですがやはり紫外線は大敵だということがわかっていただけたと思います。

 

UV対策で大事なのは目元の皮膚を守ること!

ここまで読んでいただき紫外線については理解できたかと思いますが果たしてどんなことをすれば紫外線から自分を守れるのでしょうか?
1日の中で午前10時から午後14時頃に紫外線が強いといわれています。しかし、UVAの量にはさほど変化がないので対策するに越したことはないですね。
ここで皆さんに知ってもらいたいことは、UV対策=肌と思いがちな方も少なくはないと思います。ですが紫外線から起こる目元トラブルがあるのをご存知ですか?

 

目元の皮膚は顔の中でも1番薄い部分です。そのため皮下脂肪が少ないですから通常皮膚を滑らかにするために皮脂を分泌する皮脂腺という汗腺が少ないために目元の皮膚は乾燥しやすくたるみが出てきてしまいます。
皮脂は紫外線や乾燥から肌を守る重要な役割があるのでこの分泌量が低下している目元の皮膚はハリや潤いを保てません。目元にシワができやすいのもこれが原因に繋がります。
その中でも紫外線のダメージは強く皮膚の奥にある新しい皮を造るための細胞にまで届いてしまうため細胞が作られにくく肌の潤いに必要なコラーゲンも作られなくなってしまうのです。そのため紫外線のダメージを受けるとシワができやすくなるのです。

 

まず目元に紫外線を集中させないようにするためにも日焼け止めは欠かせません。しかし皮膚が薄くダメージの起きやすい目元ですので日焼け止めを塗る際も細心の注意をはらわなくてはなりません。指の腹を使いやさしくのばしてください。日焼け止めの量を少なくしてしまうと皮膚と指の間に摩擦がおきますから傷つける可能性もあるので気を付けてください。他にもサングラスや日傘、帽子をかぶることも紫外線から目元を守るには大切です。
また緑黄色野菜の摂取をすることも効果があります。これらにはルテインという栄養素が含まれていて紫外線によりダメージを受け体内に発生する活性酸素を除去してくれます。食事からも紫外線対策ができるのです。

 

 

他にも目元のマッサージをすることも効果があります。
目をつぶり目の周りを優しくなぞり、最後に眉毛を眉間からこめかみの方向にもみます。疲れや緊張がほぐれリラックスします。
また、強い日差しをあびたりして目に負担がかかってしまった日は目薬をさしたり冷やすことがいいでしょう。
ですが注意してもらいたいこともあります。
マッサージをやりすぎてしまっていたり重く力を加えると目のたるみやシワの原因にもなるためとても危険です。ですからマッサージを行う際には優しくなぞるようにし短時間のケアを心がけることが大切といえます。
1日の紫外線対策や目元のマッサージをした後は目元美容液などで保湿し最後にしっとりとしたクリームを塗って目元に必要なうるおい成分を閉じ込めるようにフタをすることが大切です。

 

〜まとめ〜

・UVAは肌への影響は弱いが蓄積され後々症状が表れ、UVBは紫外線量は少ないが肌に強く影響し黒ずんだりしてしまう
・紫外線が目元の皮膚に届いてしまうとたるみやシワの原因となる
・目元マッサージで目の疲れをとることは必要で、間違えた方法を続けると目元のたるみやシミの原因にもなる

 

なんとなく聞いていた“紫外線対策”や“UVカット”ですが紫外線は体にダメージを引き起こすということが分かったとおもいます。紫外線対策グッズや目元マッサージ。また、食事などからでも対策に必要な栄養をとることもできますので少し意識して行動してみてはいかがでしょうか?