MENU

目元の保湿の正しい方法って?

あなたは季節に関係なく目元の乾燥が気になったり、お手入れをしているのに目元周りがつっぱったように感じることはありませんか?
目元は皮膚が薄くとても乾燥しやすい場所でもありますが実際何をすれば乾燥を改善できるのか悩むところだと思います。ここでは目元の乾燥を改善するための正しい保湿方法と乾燥対策を紹介していきたいと思います。

 

目元が乾燥しやすい原因って・

目元は、顔の中でも皮膚が最も薄い場所です。そのため肌の潤いを保つ力や肌を外的刺激から守る力が弱い為乾燥しやすいのです。
これは専門的な話になるのですが、人間の皮膚の大半は2mm程度の厚さがあるのですが目の下の皮膚は0.5〜0.6mmしかありません。実際に存在するもので例えると卵の薄皮ほどの厚さになります。つまり、とても繊細でダメージを受けやすいということはわかっていただけると思います。
また目元は皮膚表面の潤いを保つ皮脂膜が作られにくい部分でもあります。この皮脂膜は皮脂や汗が混ざり合ってできるもので水分の蒸発を防ぎ肌を外的刺激から守る役割があります。ですから皮膚が薄く皮脂膜も作られにくい目元は肌の潤いを保つ力が弱まり外的刺激の影響を受けやすくなるので「乾燥」してしまうというわけです。
そして普段何気なくやってしまう行動が目元の乾燥をより悪化させる原因にもなります。以下にまとめましたので確認してみましょう。

・目のかゆみを感じこする
・眠くなったときにこする
・アイシャドウを塗る際、指やブラシに力をいれる
・アイメイクを落とす際ゴシゴシこする

これらすべてに共通するのは「摩擦」です。目元の皮膚に力が加わり皮膚が傷つき乾燥してしますのです。
また、スキンケアの際も、化粧品を適量より少なくつけることにより指と皮膚の間に「摩擦」が生じるため十分な効果を発揮できず逆に目元に刺激を与えることになるのです。

 

目元の乾燥を防ぎ保湿するには?

乾燥を防ぐには「保湿」が必要不可欠になります。肌を潤わすには「水分と油分」を保たなければなりません。特に目元には潤いを保つ力が弱く乾燥しやすいところですので肌に必要な「水分と油分」をしっかり補うだけでなくこれらを肌に保つために保湿成分を取り入れて潤いが逃げないように膜をつくりフタをする必要があります。
目元の乾燥を改善するには肌には欠かせない『セラミド』という成分が必要になってきます。この『セラミド』とは肌の潤いを保つ細胞間脂質に含まれていて優れた保湿成分です。これは水分を挟み込む性質があり肌の水分を80%維持していると言われています。

 

赤ちゃんの肌はモチモチでスベスベですよね。実はこの『セラミド』は赤ちゃんの頃には1番多く含まれていて年齢を重ねるごとに減少していくのです。ですが化粧品で補うことができるのです。この『セラミド』を取り入れて乾燥しやすい目元をしっかり保湿することで乾燥は防げるのです。ですが、どんなに「水分と油分」を補い『セラミド』配合の化粧品や目元美容液を使っても目元は潤いを保つ力が弱いのでやはり乾燥しやすいところです。ですから朝と夜にケアをすることが大切です。

 

目元美容液を効率よく使いましょう!

肌全体につける化粧品や美容液はあるのですが、実は目元に特化した目元美容液が多く存在していることはご存知ですか?そして目元のケアをするうえで重要なのは「スキンケアの最後に使うこと」なのです。
1番効率的な使い方として
化粧水→乳液→目元美容液とされています。目元美容液には液状のものからクリーム状のものまであるのですがクリーム状の場合は油分が多いので他の基礎化粧品より先に使うと水分が多い化粧品は油分にふさがれ肌に浸透しなくなるのでクリーム状のものは最後に使うことでフタになり潤いを保ってくれるのです。
そして目元美容液を塗る際は指の腹でポンポンと軽くたたくような感覚でぬり、つっぱりが気になる部分にはすこし多めにのせるようにするといいでしょう。

 

目元を乾燥させずうまく保湿させるなら

目元のお肌は乾燥しやすいだけでなく、普段の生活の中で私たちが擦ったりすることで乾燥を招くこともあります。刺激に弱い目元だからこそ乾燥させないように水分を豊富に含んだ弾力のあるお肌に保つ必要があります。そんな目元を乾燥させずに上手に保湿を行う為のポイントは3つ。

・目元には「摩擦」は禁物!
・乾燥改善には「水分と油分」そして『セラミド』が必要不可欠
・目元美容液を効率よく浸透させるにはスキンケアする際の順番が大事

 

目元の乾燥を防ぐには「保湿」が大切です。潤いを保つ力が弱い目元には、美容成分と水分をたっぷりと含ませた後に目元美容液(特にクリーム)をつけ最後にフタをすることで肌に保湿成分を閉じ込めることが重要です。
乾燥しがちな時期の目元ケアも大切ですが、夏にダメージを負った目元のお肌を早い段階で回復させてあげることも乾燥の時期に目元を乾燥させないポイントなんでですよ。